北部地区医師会病院|沖縄県北部の地域医療支援病院

新型コロナワクチン接種前後の抗体検査について

  • HOME »
  • 新型コロナワクチン接種前後の抗体検査について

新型コロナワクチン接種前後の抗体検査について

 当院では、令和3年3月9日より職員に対して新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製:商品名 コミナティ)の先行接種を開始しました。接種にあたり、「これからワクチンを接種する方々へ情報発信する」目的で、副反応の調査と並行して、ワクチン接種前後の抗体検査を株式会社 AVSSとの共同研究として行いました。
なお、本研究については、県内マスコミ各社より取材を受け、報道されました。
  令和3年5月18日(火)琉球新報
   令和3年5月27日(木)沖縄タイムス
  令和3年6月30日(水)沖縄テレビ 

呼吸器・感染症科 田里大輔

※掲載されている内容、データ、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

研究内容

 協力が得られた職員について、①ワクチン接種前、②1回目接種の3週間後(2回目接種の直前)、③2回目接種の3週間後の採血でどれだけの抗体ができているかを測定しました。
 その結果、5月11日時点で421人の協力が得られ、以下の結果が得られました。


※グラフをクリックすると大きくなります。

結果の解釈

結果の解釈

① ワクチン接種により確実に抗体が作られある一定の傾向をもって上昇した。
1回の接種で98.5%が抗体陽性となり、2回目で100%抗体陽性となった。
③ 未感染者では、2回目の接種後に抗体が約30倍上昇した。
④ 既感染者1)(無症候性感染者2)を含む)は、ワクチン接種1回受けた方と同程度の抗体を持っていた。
⑤ 既感染者は未感染者と比較して、1回の接種のみで顕著に抗体が上昇したが、2回接種してもそれ以上はあまり上がらなかった。

1)既感染者:症状の有無を問わず過去に新型コロナウイルス感染症に罹ったことがある者(ワクチン接種前に既に抗体が陽性)
2)無症候感染者:新型コロナウイルスに感染したが無症状だった者(濃厚接触者として検査を受けてPCRが陽性だったが無症状で経過したなど)

研究のポイント

研究のポイント

① 「定性検査」(単に「+」・「-」の結果のみが得られる検査法)ではなく「定量検査」(具体的に数字で結果が得られる検査法)を用いたため、ワクチンに反応してどのくらい体の中で抗体が作られたかを数値化して比較することができました。
② 抗体測定には、海外でのワクチン臨床試験でも用いられた世界標準的なものを使用しました。これは国内の大都市で行われた疫学調査でも使用された信頼のある機器と試薬です。(Roche社製)。
③「2回接種後」だけでなく「接種前」と「1回接種後」にも測定したことにより、ワクチンの接種回数による効果(抗体量の違い)や、既感染者のワクチンに対する反応を示すことができました。

 なお、抗体検査の結果がワクチン接種の判断に影響を与えないよう、抗体を測定した職員には、2回のワクチン接種後、3回目の抗体検査の結果が揃った時点でまとめて結果を伝えています。

解釈にあたっての注意など

解釈にあたっての注意など

 どの程度の抗体量があれば、新型コロナの「感染」や「発症」、「重症化」が防げるのかは現時点では明確ではありませんが、これまでの報告されているワクチンの有効性をみると、少なくともワクチンを接種してある程度抗体が作られていれば、「発症」や「重症化」を防ぐ効果については十分期待できると考えられます。

 なお、抗体には中和活性(どれだけターゲットとなる「抗原」と結合して効果を発揮するか)という指標もあり、「量だけでなく質」の問題も考えられます(例えば、それぞれの変異ウイルスに対する効果などがこれにあたります)。また、感染症に対する免疫は抗体を作ることだけではないため、抗体の量のみで新型コロナに対する免疫全体を判断することもできません。抗体があれば「感染」や「発症」、「重症化」を100%防げるわけではなく、また多くの人がまだワクチン接種が済んでいない状況(「集団免疫」が得られておらず、流行が終息に向かっていない状況)では、引き続きマスク着用などの感染対策は継続する必要があります。

 まずはしっかりワクチンを2回接種すること、そして現状ではワクチン接種後も十分な感染対策を続けることが重要です。 

2021年7月9日 更新

前のページに戻る (新型コロナワクチンについて)

TEL 0980-54-1111 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お問合せはこちら
PAGETOP