北部地区医師会病院|沖縄県北部の地域医療支援病院

皮膚科

 ヒトの体のなかでも大変目立つところに存在し、一番大きな臓器が皮膚です。皮膚は角層、表皮、真皮からなり、真皮の下の皮下組織、毛や汗や脂腺などが皮膚科の主な治療対象です。皮膚ではこれらの構造が正常に機能することによって細菌や紫外線など体外からの様々な攻撃から体内を守ったり、体内からの体温や水分などの損失を防いだりします。また皮膚はアレルギー反応の現れやすい場所であり、皮膚以外に起きた様々な病気による症状が出現する場所でもあります。
 当院では主に血液検査や入院が必要な皮膚疾患の診断・治療を行います。また疾患によっては患者さんにとって適切な場での治療が受けられるように、近隣の皮膚科クリニックや大学病院の皮膚科と連携しています。

園崎 哲 (そのさき てつ)


専門分野

皮膚科

専門医・認定医

 日本皮膚科学会皮膚科専門医

主な対象疾患 

 ・帯状疱疹や蜂窩織炎などの皮膚感染症
 
・天疱瘡など水疱症
 ・尋常性乾癬など角化症
 ・基底細胞癌など皮膚腫瘍

現在のところ当院で行っていないもの 

 レーザー治療、紫外線療法、保険外治療(美容、巻き爪など)

アレルギー検査について

 試薬や検査キットの必要なプリックテストやパッチテストは行っていませんが、今後必要な患者さんが多くなった場合は検討致します。
 鎮痛薬のアレルギー疑いなど、薬剤に対する入院での負荷試験依頼についてはご相談に応じます。

 

 

<<リウマチ科                  救急科>>

TEL 0980-54-1111 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

PAGETOP