北部地区医師会病院-薬剤部募集サイト

感染制御認定薬剤師について

  • HOME »
  • 感染制御認定薬剤師について

1. 感染制御認定薬剤師について教えてください!

感染制御認定薬剤師とは、感染制御に関わる、抗菌薬及び消毒薬、微生物(耐性菌)に関する専門的な知識及び施設内の感染対策についてエビデンスに基づき情報提供(薬学的管理)できる薬剤師を評価する為に与えられる資格です。
活動内容としては、抗菌薬及び消毒薬の適正使用の管理(抗菌薬、消毒薬サーベイランス、特定抗菌薬使用状況把握、各薬剤の投与量・TDMマニュアル整備等)と院内感染対策を行っております。院外活動としては県病院薬剤師会の感染症分科会に所属し勉強会の企画(演者)や共同研究、感染対策についての意見交換の実施や地域の薬剤師会での講演を行っています。

2. 所属しているチーム医療名とチームでの役割を教えてください。

私は感染制御認定薬剤師としてICT(感染対策チーム)に所属し、感染ラウンド等で多職種と連携し、主に抗菌薬や消毒薬の適正使用を支援し、薬学的管理が図られているか支援しています。

3. 医師と連携して行う仕事はどういった業務がありますか?

感染ラウンド等でICT(インフェクションコントロールドクター)と連携し、感染対策や抗菌薬の適正使用を支援し、薬学的管理が図られているか協同でおこなっています。
 医師と薬剤師間で薬剤の投与方法に関して相違があった際、直接薬剤部まで医師の方から足を運んで頂き、顔を突き合わせ議論し考えを共有、修正できました。当院の医師はメディカルスタッフを尊重し、患者様をチームで支えているのだと感じさせてくれます。 

4. 資格を取って良かった時、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

私が感染制御認定薬剤師を取得した頃は、他の専門領域に比べ認知が低かったように感じますが、近年抗菌薬の不適切な使用を背景として世界中で薬剤耐性菌が増加する一方、新たな抗菌薬開発は減少傾向にあり国際社会でも大きな課題となっています。
これを受け我が国では2016年に薬剤耐性(AMR)対策アクションプランが公表され、2018年度診療報酬改定では抗菌薬適正使用支援加算が新設されました。 当院ではまだ新設加算は取得しておりませんが、将来の取得に向けAST(抗菌薬適正支援チーム)が立ち上がりました。
その中で 患者さまに対して薬物の有効性と安全性を確保し早期に治療が完了(標準的な医療の提供)できるよう支援できたら嬉しくやりがいがあるなと感じています。 

※ 平成30年7月6日更新

≪ 前のページへ  次のページへ ≫

お気軽にお問い合わせください TEL 0980-54-1111 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

PAGETOP