北部地区医師会病院-薬剤部募集サイト

がん専門薬剤師について

  • HOME »
  • がん専門薬剤師について

1. がん専門薬剤師について教えてください!

がん専門薬剤師とは、薬剤師の職能を活かし、がん薬物療法の専門家として最適かつ安全な薬物療法を提供することのできる薬剤師です。 患者さまや家族が、がん薬物療法の必要性と期待される効果、また副作用や環境管理等について十分に理解し、その上で治療意思を決定する支援を行っています。治療や副作用の説明に限らず、 がん患者さんがその人らしく治療を受けることが出来るように支援 を行います。

治療前には、患者さまに合った抗がん剤の選択、投与量やスケジュール管理がなされているか検討し、疑義のある場合には医師と協議し必要な調節を行います。予想される副作用について十分な対策を準備し、個々に応じた最適な治療が受けれるように環境を整えます。治療中は継続的に自ら副作用の聞き取りを行い、状態の変化や状況の把握に努めています。
得られた情報を元に、症状や状態に合わせた薬物療法の提案を行い、治療継続の支援を図ります。

この他に、抗がん剤や分子標的治療薬などを厳正に管理する役割もあります。使用方法や取扱いに十分注意を要するため、こうした知識を医療スタッフや患者、その介護者に伝え指導する役割も担っています。こうして、安全ながん薬物療法の質がより向上し、患者さまの利益をもたらすことが出来るように努めています。

 

2. 資格を取って良かったこと、やりがいはどういった所で感じますか?

資格取得後は、がん薬物療法に携わる薬剤師としての責任感がより一層高まりました。
がん専門薬剤師に対する活躍への期待と、それに応える使命を担っていると感じています。臨床現場においては、医師よりがん専門薬剤師としての薬学的見解を求められるケースが非常に多いです。
例えば、腎機能障害等を併存し投与量調節が必要な症例、標準的な副作用対策を行っても管理に難渋する症例などです。ガイドラインや文献等を参考に検討することはもちろんですが、これまでに得た知識や経験をもとに、個々の患者背景に合わせた処方提案を行います。

 医師と協議を重ね治療選択や投薬設計に反映した結果、がん薬物療法の質向上に繋がり、患者の治療に貢献できた時は非常にやりがいを感じます。 

また、看護師からもアドヒアランス向上や副作用軽減について相談を受けることが多く、相互に連携し支援することで治療継続に繋がることを多く経験しています。
チーム医療のなかで、がん薬物療法の専門家として存在感のある介入を行い、治療に貢献することがやりがいになると感じています。

がん薬物療法は、治癒を目標にした補助療法、延命を目的にした再発治療、それらと併せて行う疼痛治療があります。いずれにおいても、多くの患者さまは大きな不安や様々な悩みを抱えています。がん専門薬剤師は薬のみを通じ患者をみていては役不足です。
しかし、信頼関係なくしては患者さんの想いを聴くことも寄り添うこともできないと思います。 治療が始まれば一貫して支援していくこと、支援する薬剤師がいると示すことが大切 だと感じています。そうした介入を通じ少しずつ信頼を得て、 患者さんの想いや価値観を汲み、よりその人らしいがん薬物療法を提供 することが一番のやりがいだと感じています。

※ 平成30年7月6日更新

≪ メニューへ戻る  次のページへ ≫

お気軽にお問い合わせください TEL 0980-54-1111 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

PAGETOP