北部地区医師会病院-看護部募集サイト

プリセプティ(新人看護師)へインタビュー!!

2018年度 インタビュー

看護部 Q1 看護師を目指したきっかけは何ですか?

母親も姉も看護師だったことです。父が病気で倒れた時に2人が一生懸命に看護している所をみて自分も目指してみようと思いました。(5階病棟 H.T)

私が看護師を目指したきっかけは、弟の出産の立ち合いをしたことです。当時、私は小学生でしたが、その時の衝撃と感動を今でも鮮明に覚えており、生命と関わる仕事がしたいと漠然と思ったことがきっかけです。看護学校に入学し、実習を通して患者さまの生死を目のあたりにし、ターミナル患者さまのQOLの向上に繋がる関わり方について関心を持つようになりました。(4階病棟 M.M

看護部 Q2 当院で働こうと思った理由はなんですか?

新人に対しての教育プログラムが充実していることや学生の頃に実習で何度もお世話になり、職場の雰囲気も良かったことからも働きたいと思いました。また、看護師国家試験の勉強の際にも循環器の分野に興味を持ち、循環器附属病院で働きたいと思いました。(附属病院 M.S)

学生の時に医師会病院の修学資金を受けていました。学校生活ではアルバイトをすることなく勉学に励むことができ、とても感謝しています。そのため恩返しができるように働きたいと思いました。(5階病棟 H.T)

看護部 Q3 プライベートの過ごし方は?

休みの日は子ども達と一緒に海や川で貝殻を拾ったりエビを捕まえたり、思う存分楽しんでおります。週末は友人とランチにいったり飲みに行ったりリフレッシュしてします。(3階病棟 O.K)

プライベートは趣味である映画鑑賞、スポーツなどをして過ごしています。(附属病院 M.S)

 

看護部 Q4 将来についてお聞かせください!

今は、看護技術も知識も未熟なので、先輩看護師のように患者さまの全身状態を瞬時に把握し、患者さまにあった適切な看護ケアができるよう、看護技術や知識の取得に力を入れていきたいです。病棟では医師・栄養士・MSWPTOT等のカンファレンスが毎週あります。先輩看護師のように幅広い視野で他職種と連携し、患者さまの病状回復・社会復帰を早期に考え、少しでも早く患者さまがよくなるために安全な看護を提供できる看護師を目指したいです。日々学習を重ね、疾患を理解し患者さまの個性別に合わせて内科から外科まで幅広い分野で総合的に看護ができるようになりたいと思います。(3階病棟 O.K

患者さまの思いを表出しやすい寄り添える看護師、また状態を観察し異常の早期発見できるアセスメント能力を身につけた看護師になることが当面の目標です。そして、将来的には終末期の患者さまへQOLの向上を目指した看護を行えるような看護師になりたいと考えております。(4階病棟 M.M

看護部 Q5 プリセプター制度のどういった点が良かったですか?

看護技術や知識も未熟でありたくさんの不安がありますが、プリセプターがいつも気にかけ丁寧にサポートして下さり、多くの学びを得ることができ毎日安心して看護が行えます。(3階病棟 O.K)

未熟な知識・技術の新人看護師にとって、先輩がマンツーマンで指導を行うプリセプター制度はとてもよいものだと感じています。入職して一定期間はプリセプターの先輩が一緒に付いてくれるため、技術を指導してくださったり、また、1ヵ月ごとの振り返りを一緒に行うことによって自己の課題もみえてきます。プリセプターがいることで新人看護師は、安心して業務を行うことができると思っています。(4階病棟 M.M)

看護部 Q6 プリセプター制度は技術面だけではなく精神面でも支えになりましたか?

何か失敗した時や先輩に注意されて落ち込んだ時も、どうやるべきだったか一緒に考えてくれたり、自分が1年目の時はどうだったなど経験した事を教えてくれ、「次から気を付けよう」と声をかけてくれるので精神的にもフォローしてもらっています。(5階病棟 H.T)

4月から社会人となり、新しい環境への不安も大きい日々でしたが、プリセプターが付いていることで技術面だけではなく、精神的な面での安心をものすごく感じました。悩んでいることや困っていることはないかと常に気配りをしていただき、少しずつですが職場の雰囲気にも慣れてきました。(4階病棟 M.M)

 

看護部 Q7 看護師を目指している方へメッセージをお願いします!!

当院は新人教育が充実しており、知識・技術を身に付ける機会が多くあります。また、PNSのため、先輩とペアで患者さまを受け持ち、知識・技術を教わりながら日々の業務が行えること、何より安心感があります。新人看護師として入職し初めは不安が大きかったのですが、今はとても充実しております。是非、北部地区医師会病院に来てください!(4階病棟 M.M)

2016年度 インタビュー

看護部 Q1  プリセプター制度のどういった点が良かったですか?


answer1 安心して日々の業務に携わることができる✨

4月から看護師として働き、日々患者の看護・ケアを実施しています。当院はプリセプター制度を導入しており、まだ未熟な知識・技術の新人看護師にとってこの制度は安心して看護が行えていると感じています。
1人の新人看護師に一定期間プリセプティー・プリセプターという形でペアになります。プリセプターは技術の指導者となり、また、仕事で悩んだ時の相談相手となってくれます。慣れない環境で他スタッフには普段聞けないことでもプリセプターと1ヶ月の振り返りなどを行うことで解決することができます。プリセプターがいることで、日々のステップアップにも繋がる事が出来ています。
自身のプリセプターだけではなく他のプリセプターの方も1年生全体を対象とし指導を行ってくださるため、たくさんの知識や技術を習得することが出来ていると考えます。プリセプターがいることで新人看護師は心強く安心して日々の業務に携わることが出来ています。
(6階病棟 H.Tさん)

answer2 その都度知識や技術を伝授!!

相談できる先輩がいるので、わからない知識や技術を気兼ねなく聞くことが出き、出勤が一緒になるとその都度知識や技術を教えてもらえます。また、毎月振り返りをすることで、その月にできるようになったことや出来ていない部分を整理することができます。(4階病棟 A.Mさん)

answer3 マンツーマンの指導でわからないことを解決し次へ活かす!

慣れない職場環境や知識技術面でも未熟なのでとても不安がありました。
プリセプターシップの一番のメリットはマンツーマンで指導してくれることだと思います。常に自分の作業をプリセプターが見てくれるので安心します。また、わからないことはすぐに次回に活かすことができます。
いつもそばで支えてくれるプリセプターがいることで不安や緊張が軽減されます。早く一人前の看護師になれるよう頑張っていきたいと思います。(3階病棟 Y.Kさん)

旗①

看護部 Q2  技術面だけでなく精神的な面でも支えになりますか?


answer1
 
仕事に対する不安の軽減に繋がっている☆

4月から社会人となり周りの人間関係や慣れない職場などで、毎日が大変な時期です。
しかし、プリセプターが付いていることで、技術の面でのサポートはもちろんですが、精神的な面でもサポートされていると感じます。プリセプターとは一定期間のペアとなるので、コミュニケーションを取る機会が増え、プリセプターが気にかけてくれていることで、仕事に対する不安の軽減にも繋がっていると思います。(6階病棟 H.Tさん)

answer2 どんなことでも相談できる安心感!

悩みがあれば、プリセプターの方に相談することができ、自分の指導者がいるという安心感がある。(4階病棟 A.Mさん)

answer3 優しく声をかけてくれ、一人ではないという気持ちに♡

私の勤務する3階病棟は、4名の新人入職者がおり、それぞれ同性の先輩看護師がプリセプターとしてついてくれています。
私は他の新人看護師よりも年齢が上ですが、プリセプターも自分の年齢に一番近い人がなっています。プリセプターが「焦らずゆっくりいきましょう」と優しく声をかけてくれるので一人ではないという気持ちになります。
また、悩んでいることや困ったことがないか常に気配りしていただいています。今は困っていることはありませんが、困った時、悩んだ時にはすぐにプリセプターへ相談しようと思っています。(3階病棟 Y.Kさん)

 

 

BACK

お気軽にお問い合わせください TEL 0980-54-1111 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

PAGETOP