沖縄県では5月8日に梅雨入りしましたが、まとまった雨が少ない状態が続き、気温も日中は30℃を超える日が多くなってきました。
暑さが続くと、熱中症の発生が多くなります。熱中症の予防と対策が必要な時期です。
熱中症の予防には「こまめな水分・塩分の補給」と「暑さを避けること」が大切です。
屋内では、扇風機やエアコン等で室温が上がりにくい室内環境と水分補給を。
屋外では、日傘や帽子、通気性の良い衣服の着用、日陰を利用してのこまめな休憩と水分補給を心がけてください。

H30年6月の外来診療表はこちらから ⇒  H30年6月外来診療表