2018年11月17日(土)に『3施設合同QC・業務改善発表会』を開催しました。
QCとは「Quality(品質)Control(管理)」の頭文字をとったもので、日頃行っている業務の中から課題を見いだし、改善に向けて取り組んだ過程や改善効果を発表する場として実施し、今年で4年目を迎えました。ポスター演題の15部門、発表演題の12部門の合計27部門からエントリーがありました。
 様々な視点から工夫を凝らした取り組みを行っており、発表会の回を増すごとにプレゼン技術も向上し、内容も充実したものになっております。今回の発表に限らず、職員が様々な改善を意識することで、患者さまに寄り添った最適な医療を提供していくことができると感じました!
 2018年度のQC・業務改善発表会の結果は下記の通りです。

≪ポスター演題≫

 1位 労災二次健診者受診率増加に向けて/健康管理センター(事務部)

  2位 入院手続きの改善/医事課

  3位 物品管理!~点滴スタンドと車いすを探せ~/外来(医師会病院)

特別賞 患者さまの送迎について/ちゅら海クリニック(事務部)

特別賞 皆でニコニコで帰宅しよう~超過勤務をなくそう~/5階病棟

≪口述演題≫

 1位 平成最後の「ADL(日常生活動作)タイムスケジュール表」の活用
       ~病棟内ADL提供への定着を目指して~/リハビリテーション室

  2位 ポリファーマシー対策/薬剤部・医局・看護部・リハビリテーション室

  3位 栄養指導を継続しよう!~栄養カンファレンスの方法を見直して~
                 /ちゅら海クリニック(看護部)

特別賞 駐車場収容台数の現状について~駐車場は足りているのか~/総務・人事課

特別賞 Over Time~相談員の残業を減らす取り組み~/連携課(医師会病院)

特別賞 臨床工学室とナースエンドにおける業務改善への取り組み
                 /臨床工学室・看護部

 

Photo Gallery ~当日の様子~