連日30℃を超える真夏日が続いております。
7月~8月は、熱中症の発生が多い時期となっております。
熱中症の予防には「こまめな水分・塩分の補給」と「暑さを避けること」が大切です。
屋内では、扇風機やエアコン等で室温が上がりにくい室内環境と水分補給を。屋外では、日傘や帽子、通気性の良い衣服の着用、日陰を利用してのこまめな休憩と水分補給を心がけてください。

8月の外来診療表は こちら からご確認ください。

 なお、内分泌代謝科外来常勤医師の休職に伴い外来診療を制限しておりましたが、8月以降も診療制限を継続いたします。
 糖尿病外来につきましては、非常勤医による外来診療を継続しますが、甲状腺外来につきましては、引き続き『休診』とさせていただきます。
皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。