北部地区医師会病院|沖縄県北部の地域医療支援病院

平成29年度 病院指標

平成29年度 公益財団法人 北部地区医師会 北部地区医師会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 37 73 119 207 351 806 746 977 621

<定義>
・平成29年4月~平成30年3月に退院された患者さまの年齢階級別(10歳刻み)退院患者数です。
・集計上、10未満の数値は-(ハイフン)で表示しています。
・年齢階級の90歳以上は1つの階級で表示しています。

<解説>
当院は、沖縄県北部医療圏の急性期を担う中核病院として、地域の医療機関と連携を図りながら、内科、外科、整形外科、皮膚科、救急の診療を行っています。また、平成28年10月に地域包括ケア病棟、平成29年6月より回復期リハビリ病棟を開設し、急性期医療から在宅へスムーズに移行出来るように、患者さまの病状に応じた医療提供を行っています。
小児科がない為、成人を対象とする医療を提供し、患者年齢層も北部地域の特徴である高齢者の人口が多いことが影響し、60歳以上が全体の80%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 160 22.38 20.83 13.12 86.53
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 150 15.73 12.34 4.67 83.31
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 63 17.38 18.18 3.17 87.62
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 61 10.28 10.61 0.00 76.08
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 52 3.73 3.59 1.92 72.17

<解説>
最も多い症例は、嚥下機能が低下する高齢者に多い疾患である誤嚥性肺炎です。
この症例で転院率も約13%と高い理由は、急性期の症状が落ち着いても体力低下等により自宅退院が叶わず、地域の連携病院の療養病棟等にての療養継続を余儀なくされるためです。次に多い症例が尿路感染症、肺炎となっていて、高齢者に発症する疾患が上位を占めています。胆管(肝内外)結石、胆管炎では内視鏡的手術を主とした症例が多くなっています。肺の悪性腫瘍については、診断目的とする検査入院や、化学療法目的の入院症例が多くなり、平均在院日数は短期間となっています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 68 7.15 7.40 4.41 61.66
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 37 8.41 8.98 2.70 75.70
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 26 14.27 15.61 0.00 67.88
060150xx02xxxx 虫垂炎 19 8.95 9.88 5.26 58.32
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 18 8.61 10.15 0.00 65.67

<解説>
最も多い胆のう疾患では手術のほとんどが腹腔鏡を用いて行われています。開腹せずにできる事から、平均在院日数も短くなっています。
次に多い症例は、手術や処置を必要としない腸閉塞(イレウス)、近年、全国的にも多くなっている大腸癌や乳癌が上位を占めています。
大腸癌に関しても腹腔鏡手術の適応がある場合は積極的に施行しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折(手術あり) 93 50.51 27.09 18.28 82.66
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 45 42.87 19.94 11.11 84.42
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 25 34.76 25.09 0.00 75.40
160760xx97xx0x 前腕の骨折 19 5.68 5.21 0.00 61.21
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折(手術なし) 14 47.86 15.22 14.29 86.71

<解説>
平均年齢が高い患者さまの入院症例が多く、中でも転倒等による股関節大腿近位骨折や胸腰椎骨折が上位を占めています。
平成29年6月より回復期リハビリ病棟を開設したことにより、転院率が平成28年度よりかなり低くなりました。
参考:1位の股関節大腿近位骨折が前年度の転院率52%から18%へ。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症(手術なし) 24 16.25 11.73 0.00 83.42
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 12 6.00 8.50 8.33 81.92
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 - - 4.14 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症(手術あり) - - 17.95 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.95 - -

<解説>
当院は平成29年4月より皮膚科を新設し、急性膿皮症、皮膚の悪性腫瘍の患者さまが上位を占めています。
皮膚科の知名度は、月を追うごとに上がっており、今後皮膚疾患の患者さまの増加が予想されます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 - - - - 15 1 7
大腸癌 28 12 26 12 - 28 1 7
乳癌 24 12 - - - 16 1 7
肺癌 - - - 12 - 29 1 7
肝癌 - - - - - 19 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

<定義>
平成29年4月~平成30年3月に退院された患者さまの初発の5大癌のUICC病期分類並びに再発患者数です。
集計上、10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。

初発とは当院で診断された患者さまで、StageⅠ~不明までの件数を表示しています。
再発とは自施設・他施設を問わずに治療が完了した後に、局所再発・転移をした患者さまの件数です。

<解説>
当院は、消化器内科・呼吸器内科・消化器外科・乳腺外科の診療を中心にがん治療(手術及び化学療法)を提供しており、大腸癌、乳癌、胃癌の症例が多くなっています。肺癌については、呼吸器外科専門医がいない為、患者数は少なく内科的治療が中心となる高齢の患者さまが多くなっています。肺癌で手術が必要な場合は、呼吸器外科専門医のいる医療機関への紹介を行っています。
集計上、10未満の数値を-(ハイフン)で表示していますが、初発症例の実際の患者数は下記の通りとなっています。(StageⅠ~不明までの総数)
胃癌 34件 、 大腸癌 80件 、 乳癌 41件 、 肺癌 19件 、 肝癌 18件

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 39 8.23 57.92
中等症 203 13.59 81.54
重症 75 17.63 85.05
超重症 10 18.60 87.70
不明 - - -

<定義1>
・入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$で始まるものに限定する。

※成人(20歳以上)の肺炎患者について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
※市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。
※インフルエンザ等、ウイルス性肺炎(DPC040070相当)、誤嚥性肺炎(DPC040081)は除外。また、市中肺炎であるので入院後発症の肺炎、一般病棟外からの転入、他院からの転院も除外。

<定義2>
①男性≧70歳、女性≧75歳
②BUN≧21または脱水(+)
③酸素飽和度≦90%
④意識障害(肺炎に由来する)
⑤血圧(収縮期)≦90mmHg
※5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。

軽症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重症:3点の場合。
超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

<解説>
軽症の場合は外来治療が基本となりますが、患者さまの状態によっては入院しての加療となる場合があります。
年齢を増すごとに重症化の傾向があります。当院では中等症の患者さまが多く、全市中肺炎の約62%を占めています。
又、症状を4段階に分けて2段階の中等症以上の患者の平均年齢が80歳以上となっています。

脳梗塞の患者数等 ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 30 38.07 83.03 13.51
その他 - - - -

<定義>
平成29年4月~平成30年3月に退院された患者さまの医療資源を最も投入した傷病のICD10がI63$である症例が対象です。
10未満の患者数のデータは-(ハイフン)で表示しています。

<解説>
当院では脳梗塞の診療を行っていますが、専門とする医師の不在により救急での初療を施し、脳外科医の専門的な治療が必要な場合は転院して頂いています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 281 0.31 1.09 0.00 64.23
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 43 3.84 8.56 4.65 76.81
K7212 内視鏡的結腸ポリープ切除術(長径2cm以上) 35 0.00 1.14 0.00 65.09
K654 内視鏡的消化管止血術 22 4.45 13.86 9.09 74.50
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 20 5.90 8.90 5.00 77.05

<解説>
内科で最も多い手術は、内視鏡的結腸(大腸)ポリープ・粘膜切除術です。検診等にて大腸病変が疑われ、精査目的で当院へ紹介頂いた中から、大腸ポリープが発見され、切除を行う症例が多くなっています。北部地区医師会の特色である同会併設の健康管理センターからの紹介もあり、癌の初期段階といわれるポリープの状態で切除し軽快へ持っていく為、予防医学としても貢献度が高くなっています。
以下、胆嚢疾患等の治療の一環で行われる内視鏡的ステント留置術等となっています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 99 2.28 6.10 5.05 65.88
K6335 鼡径ヘルニア手術 54 1.07 2.22 0.00 69.06
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 35 2.71 15.26 2.86 66.46
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除(虫垂膿瘍伴うもの) 18 0.28 7.78 5.56 57.72
K4763 乳腺悪性腫瘍手術乳房切除術(腋窩部郭清を伴なわないもの) 16 1.00 6.75 0.00 65.50

<解説>
外科で最も多い手術は、胆のう炎や胆石症などの疾患に対して行われる腹腔鏡下胆のう摘出術で、開腹せずに腹腔鏡を用いて手術を行うため、在院日数がかなり短くなっています。2番目に多い手術は,鼡径ヘルニア手術です。
3番目は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術となっています。上位5症例の内3症例が腹腔鏡下手術となっており、当院では腹壁破壊が少なく術後疼痛を軽減する手術を心がけています。
当院併設の健康管理センターからの紹介による乳腺悪性腫瘍の手術も増加してきました。
 

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 84 1.90 45.95 15.48 81.75
K0821 人工関節置換術(股) 38 1.42 31.42 2.63 71.87
K0462 骨折観血的手術(下腿) 28 1.89 11.75 0.00 63.79
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 4.64 47.24 28.00 79.00
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(下腿) 13 0.92 2.23 0.00 69.31

<解説>
75歳以上の高齢者が北部医療圏人口の約13%と高く、高齢者の転倒、転落により受傷する骨折症例が多く、その殆どが手術適応となっています。股関節や膝関節の変形や骨折等により、日常生活に支障をきたしている高齢者も多く、人工骨頭挿入術及び人工関節置換術を用いた症例が増えつつあり、症例数でも2番目と4番目に位置しています。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 15 1.00 4.13 6.67 80.53
K0021 デブリードマン1 - - - - -
K0052 皮膚皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -

<解説>
皮膚科の患者さまの7割近くが他医療機関からの紹介となっており、その内18%が初期の悪性腫瘍と診断され手術が施行されています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 24 0.61
異なる 28 0.71
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.43
異なる - -

<定義>
平成29年4月~平成30年3月に退院された患者さまが対象です。
集計上、10未満の数値の場合は-(ハイフン)を記入しています。
病気やけがの治療を進める過程で、予期できたり、できなかったりする様々な症状や合併症が発生することがあります。
ここで示している4つの指標はその代表的なものです。
『入院契機』が「同一」とはその症状が原因で当院に入院されたことを示し、「異なる」とはほかの症状で入院をしていたが、その症状の治療を最も行ったことを示しています。

<解説>
敗血症に関しては、高齢者が多く、肺炎等の細菌感染症が重症化し、細菌が血管内へ侵入し全身に広がる重症感染症です。
また、入院契機と異なる敗血症には術後等の感染も含まれています。
手術・処置等の合併症で多いのは、処置後再出血や術後創感染症等です。
保存的に経過をみることが多いですが、再手術及び処置を行う場合もあります。

更新履歴

2018/09/28

病院指標ページを更新しました。

TEL 0980-54-1111 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

PAGETOP