北部地区医師会病院|沖縄県北部の地域医療支援病院

平成27年度 病院指標

平成27年度 北部地区医師会病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 49 76 130 205 423 744 732 940 605
定義
・平成27年4月~平成28年3月に退院された患者さまの年齢階級別(10歳刻み)退院患者数です。
・集計上、10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入しています。
・年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定しています。
解説
当院は、沖縄県北部医療圏の中核病院として、地域の医療機関と連携を図りながら、内科、外科、整形外科、救急の診療を行っています。
主に成人が対象となる診療を行っているため、60歳以上の退院患者数の割合が全体の77%。うち80歳以上が4割を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳以上 手術なし 処置2なし 343 14.15 14.34 5.83 79.51
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 187 15.86 12.60 4.81 82.95
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 177 21.94 21.69 16.38 86.08

解説
内科で最も多い症例は、肺炎、気管支炎です。平均在院日数は全国と比べやや短いです。
2番目に腎臓・尿路感染症が多くなっていますが、平均年齢が80歳以上と高く、平均在院日数は全国と比べ3日程度長くなっています。
誤嚥性肺炎は、平均年齢86.1歳と高齢者に多く、一度罹患すると入院が長くなるため、患者さまの状態に応じて、近隣の医療機関等へ転院していただいています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 46 15.65 11.97 4.35 76.85
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 38 7.87 9.17 69.79
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 35 6.54 7.84 2.86 60.49

解説
外科では、高齢者に多い急性膿皮症(蜂巣炎)の症例が多くみられ、 平均在院日数は全国平均より4日程度長くなっています。 2番目に多い症例は、手術・処置なしの腸閉塞(イレウス)です。 3番目は腹腔鏡下胆のう摘出術ありの胆のう炎・胆石等です。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 101 41.38 28.70 53.47 84.16
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 43 32.67 21.52 39.53 83.28
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 29 35.34 27.21 3.45 74.83

解説
整形外科では、高齢者の転倒・転落により受傷した大腿骨骨折による手術が多く行われています。 急性期病院での治療後は、地域の回復期リハビリテーション病院等へ転院していただいていますが、 受け入れ先病院の病床数、空床のタイミングなどにより、在院日数が全国平均よりも長くなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 20 1 7
大腸癌 18 15 23 34 1 7
乳癌 12 11 12 1 7
肺癌 19 12 1 7
肝癌 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

定義
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者さまの初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数です。 集計上、10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入しています。
解説
当院は、消化器内科、呼吸器内科、消化器外科、乳腺外科の診療を中心にがん治療(手術・化学療法)を提供しており、 胃癌、大腸癌、乳癌の症例数が多くなっています。 肺癌については、呼吸器外科の専門医がいない為、当院での手術が対応できず、多くは中南部の医療機関へ紹介を 行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 46 8.30 54.50
重症度 1 119 13.39 81.08
重症度 2 119 17.47 86.35
重症度 3 45 17.80 86.67
重症度 4
重症度 5
不明

定義
成人とは20歳以上を指し、市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者さまが対象です。 重症は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
下記のうち1項目該当すれば重症度1、2項目該当すれば重症度2という方法で分類しています。
≪A-DROPシステム≫ 1.男性70歳以上、女性75歳以上 2.BUN21dL以上または脱水あり 3.酸素飽和度90%以下 4.意識障害 5.収縮期血圧90mmHg以下 集計上、10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入しています。
解説
重症度0の平均年齢が54歳であるのに対し、重症度1~3までの平均年齢は80歳を超え、 患者数割合も全体の8割を占めています。 重症度が高くなるにつれ、平均年齢も高くなり、治療に要する日数も増えるため、 平均在院日数が長くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 15 8.53 77.33 6.67
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 36 24.17 75.17 34.21
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
定義
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者さまが対象です。 集計上、10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入しています。
解説
当院では、脳血管障害の治療を専門とする脳神経外科がありません。救急搬送または地域からご紹介いただいた患者さまが、検査の結果、緊急的な治療を要すると診断された場合、状況に応じて近隣の医療機関と連携を図り、 転院をしていただいています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ長径2cm未満 318 0.17 1.05 64.65
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm 24 1.83 1.88 4.17 63.00
K654 内視鏡的消化管止血術<食道> 23 1.74 13.39 4.35 73.57

解説
内科で最も多い手術は、内視鏡的結腸(大腸)ポリープ・粘膜切除術です。 検診にて大腸病変が疑われ、精密検査目的で当院へ紹介いただいた中から、 大腸ポリープが発見され、切除術を行う症例が多くなっています。 入院当日に行うことが多く、術前の日数が短くなっています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出 71 2.73 5.18 4.23 60.94
K6335 鼡径ヘルニア手術 34 1.65 3.18 2.94 64.35
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 23 2.17 18.26 66.39

解説
外科で最も多い手術は、腹腔鏡下胆のう摘出術で、胆のう炎や胆石などの疾患に対して行います。 腹腔鏡下を用いた手術を行っているため、在院日数は短くなっています。 2番目に多い手術は、鼡径ヘルニアの手術です。3番目に多い手術は、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術です。 腹腔鏡下での手術に力を入れており、手術件数も多くなっています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 81 2.41 34.89 50.62 83.52
K0821 人工関節置換術(膝) 39 2.15 36.87 5.13 73.33
K0462 骨折観血的手術(下腿) 28 2.00 14.11 52.82

解説
75歳以上の高齢者が北部医療圏人口の13.3%と高く、高齢者の転倒・転落により受傷する骨折症例が多く、 そのほとんどが手術適応となっています。 膝関節などの変形により、日常生活に支障をきたしている高齢者も多く、 人工関節を用いた置換手術の症例も増えつつあります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.49
異なる

定義
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者さまが対象です。 集計上、10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入しています。
病気やけがの治療を進める過程で、予期できたり、できなかったりする様々な症状や合併症が発生することがあります。 ここで示している4つの指標はその代表的なものです。
『入院契機』が「同一」とはその症状が原因で当院に入院されたことを示し、 「異なる」とはほかの症状で入院をしていたが、その症状の治療を最も行ったことを示しています。
解説
当院では、ほとんどの症例が入院契機として入院しています。

更新履歴

2016/09/28
病院指標ページを更新しました。

TEL 0980-54-1111 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

PAGETOP