北部地区医師会病院|沖縄県北部の地域医療支援病院

「作業療法」部門の特徴について

  • HOME »
  • 「作業療法」部門の特徴について

 作業療法士(OT)部門の特徴

術後や呼吸状態また身体に障害をもつ方に対してリスク管理を行いながら、生活の基本となる動作や日常生活動作(食事動作・更衣動作・トイレ動作など)が円滑にできるように訓練・指導を行っています。
また退院後の家庭生活や社会生活、職業復帰へ適応するための練習・指導も行い、必要に応じて残存機能を最大限に活用する為の動作指導や自助具の作成・紹介を行います。
患者様が退院する際には、家屋環境や設備改善相談、家族や施設職員への介助指導なども実施しております。

その他、病期に合わせたリハビリ展開や緩和ケアとしてベスト・サポーティブ・ケア(BSC)での運動療法実施や精神面サポート介入、在宅酸素療法(HOT)導入に伴う慢性呼吸不全患者の在宅療養や社会復帰に向けた生活支援を行っております。

<対象疾患>
整形外科疾患(骨折や関節の手術後・保存など)、リウマチ疾患、外科術前後、呼吸器疾患(HOT導入含む)、脳血管疾患(脳梗塞など)、高次脳機能障害や認知機能、がん疾患(緩和ケア含む)等を対象としています。

作業療法士(OT)業務体制他

・入院外来班(8名)
・2チーム構成(1チーム4名構成)
・全病棟患者様、外来患者様を個人担当制

・包括ケア病棟 専従(1名)
・基本的に個別担当制 

 

平成27年度疾患別リハビリ分布(OT)

 

 

 

 

BACK   NEXT

TEL 0980-54-1111 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お問合せはこちら
PAGETOP